マウント・ラシュモア


 マウント・ラシュモアは今では世界中で有名だが、もともとはサウス・ダコタ州の何の変哲もない丘だった。そこで地元の人達は何か観光客を呼べるものを作ろうと思いたった。彫刻家のガットソン・ボーグラムは、四人の大統領の顔を彫ることを提案した。まず建国の父ジョージ・ワシントン、次にルイジアナを購入しアメリカの領域を飛躍的に拡大したトマス・ジェファソン、南北分裂を再統一したエイブラハム・リンカーン、そして20世紀で最も精力的な大統領だったセオドア・ローズヴェルトの四人が選ばれた。それぞれ五階建てのビルに相当する高さ。顎から頭頂まで約18.3メートル、瞳孔の幅は約1.2メートル、口の幅は約5.5メートル。1927年から1941年にかけて彫られた。かかった費用は99万ドル。彫るというよりか空気ドリルとダイナマイトで作成。全部で45万トンもの岩石を除去、死者は1人も出なかった。完成前にボーグラムは亡くなったが、事業は息子が引き継ぎ完成させた。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究