大統領になった時の感想


 副大統領トルーマンはホワイトハウスに急遽呼ばれ、ローズヴェルトの急死を大統領夫人より知らされた。トルーマンはその時の気持ちを、「まるで月とすべての惑星とすべての星が私の上に落ちてきたようだった」と後に記述している。最初、トルーマンは話すことさえできなかったが、夫人にやっと「あなたのために私ができることは何かありますか」と聞いた。夫人は冷静に「今、困難に陥っているのはあなたなのよ」とトルーマンをたしなめた。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究