郵政長官ギデオン・グレンジャー


 ギディオン・グレンジャー(1767.7.19-1822.12.31)は、コネティカット植民地サフィールドで生まれる。父は弁護士であり政治家であった。グレンジャーは、イェール大学を1787年に卒業し、1789年に法曹界に入った。続く1792年、コネティカット州下院議員になった。1795年の公立小学校法を起草したことで知られる。
 1800年、ジェファソンはグレンジャーを郵政長官に任命した。グレンジャーは郵便省の情報網を利用して、アーロン・バーの陰謀を監視した。一方で政敵から、自分が西部に所有する土地の価格をつり上げるために郵便網を拡張していると非難されている。そのため議会はギディオンに対して査察を行ったが、疑惑を確証する事実はなかった。こうした疑惑にさらされながらもグレンジャーは、国家の成長に必要な郵便事業の拡大に貢献した。またギディオンは、『現政権の施策に対する擁護』を執筆し、ジェファソン政権の経済政策と財政改革を擁護した。さらに1808年には『ニュー・イングランドの人々に告ぐ』を発表し、出港禁止令を擁護した。グレンジャーはマディソン成政権でも任に留まった。
 息子のフランシス・グレンジャーもウィリアム・ハリソン政権下で郵政長官を務めた。

ジェファソン政権閣僚歴代アメリカ合衆国大統領研究