祖先


自称ワット・タイラーの子孫
 タイラー自身の説明によれば、1381年、イギリスで起きた農民一揆の指導者ワット・タイラーがタイラー家の祖であるというが系譜学上の確証はない。
 タイラーの5世の祖ヘンリーはイギリスのシュロップシャーからヴァージニア植民地のミドル・プランテーションに移住したと言われている。
 高祖父ヘンリーはヨーク郡の判事、検視官、保安官などを務めた。ヘンリーの次男、曽祖父ジョンはウィリアム・アンド・メアリ大学で教育を受けジェームズ・シティの判事となった。祖父ジョンは副海事裁判所の執行官であった。
 ちなみにタイラーは第33代大統領ハリー・S・トルーマンの高祖叔父にあたる。

ジョン・タイラー大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究