歴代アメリカ大統領の支持率推移

 戦後、アメリカ大統領の政党と支持率。各種統計に基づいている。支持率の算定方法は世論調査の結果を平均化しする方法である。
 注意点として大統領の支持率は一般的に就任時が最高で時間が経過するにつれて低下する。それは就任時はワンハンドレッド・デイズ(政権開始当初の100日間の期待感)に代表されるように多くの人々がこれからの大統領の手腕に期待するからである。大統領が政策判断を行うと、必ずそれに反感を抱く者が現れる。大統領のすべての政策判断を支持する者は時間の経過とともに次第に少なくなり、それが支持率に反映される。
 したがって、レイムダック(「死に体(任期終了を間際に控えた大統領が影響力を失う)」)の要素を考えると政権末期の支持率の低下は、すなわち大統領の能力が劣っていると判断する材料にはならない。
33 ハリー・トルーマン ハリー・トルーマン 
民主党 1945 81.3
1946 44.6
1947 54.8
1948 37.5
1949 58.5
1950 40.4
1951 28.3
1952 28.5
 
平均 46.7
  
34 ドワイト・アイゼンハワー ドワイト・アイゼンハワー  
共和党 1953 68.8
1954 65.8
1955 71.3
1956 72.8
1957 64.4
1958 54.7
1959 63.7
1960 61.3
 
平均 65.4
  
35 ジョン・ケネディ ジョン・ケネディ 
民主党 1961 76.2
1962 71.8
1963 63.4
 
平均 70.4
  
36 リンドン・ジョンソン リンドン・ジョンソン
民主党 1964 74.4
1965 65.9
1966 50.9
1967 44.0
1968 41.8
 
平均 55.4
  
37 リチャード・ニクソン リチャード・ニクソン
共和党 1969 61.2
1970 56.9
1971 50.0
1972 56.2
1973 41.8
1974 25.7
   
平均 48.6
  
38 ジェラルド・フォード ジェラルド・フォード 
共和党 1974 54.3
1975 46.9
1976 42.9
   
平均 48.0
  
39 ジミー・カーター ジミー・カーター 
民主党 1977 63.1
1978 45.6
1979 37.3
1980 41.1
   
平均 46.8
  
40 ロナルド・レーガン ロナルド・レーガン 
共和党 1981 57.5
1982 44.3
1983 44.1
1984 55.4
1985 60.3
1986 61.5
1987 48.0
1988 50.8
   
平均 46.2
  
41 ジョージ・ブッシュ ジョージ・ブッシュ
共和党 1989 65.0
1990 68.4
1991 69.2
1992 39.8
   
平均 60.6
  
42 ビル・クリントン ウィリアム・クリントン
民主党  1993 48.6
1994 46.3
1995 47.6
1996 54.5
1997 58.3
1998 63.6
1999 61.6
2000 59.5
   
平均 55.0
  
43 ジョージ・W.ブッシュ ジョージ・ウォーカー・ブッシュ 
共和党 2001 65.7
2002 73.1
2003 61.8
2004 49.9
2005 47.0
2006 39.3
2007 33.8
2008 29.7
 
平均 50.0
  
44 バラク・オバマ バラク・オバマ
民主党 2009 67.9
2010 48.5
2011 46.7
2012 45.3
2013 51.2
2014 42.4
2015 45.2
2016 53.9(11月25日現在)
 
   
アメリカ大統領歴代研究ポータル