エピソード


元大統領との出会い
 まだフーヴァーが学生の頃の話。ファーヴァーは、野球の試合を見に来たベンジャミン・ハリソン元大統領に出会っている。入場料の管理をしていたフーヴァーは、ハリソンに怖じることもなく近付き25セントの入場料を支払うように求めた。ハリソンはすぐに料金を払っただけでなく、さらに次の週の試合の前売り券を3枚もフーヴァーから購入した。フーヴァーは、偉い政治家との初めての出会いだったと後に語っている。

愛犬を可愛がることを禁止
 フーヴァーは、スタッフが愛犬のキング・タットをかわいがるのを禁止した。キング・タットが誰にでもかわいがられることに慣れて、飼い主であるフーヴァーが呼んでも無視するようになったからである。 

中国語の効用
 フーヴァーと夫人はホワイト・ハウス内で誰にも内密の話を聞かれたくない時に中国語を使っていたという。

ハーバート・フーヴァー大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究