演説


ゲティスバーグ演説(1863年11月19日) 原文
 80と7年前、私たちの父祖は、この大陸に新たな国を誕生させました。この国は自由という概念により打ち立てられ、すべての人々は平等に創られたという信条のために作られました。今、私たちは大きな内戦をしている最中です。この国が、まさに自由をいだき信条のために作られた国が、永らえることができるかどうか試されている。
 私たちはこの戦争の激戦地に集っています。私たちは、この国を生き残らせるためにここで命を捧げた者たちの最後の安住の地としてこの戦場の一部を供するためにやって来ました。私たちがそうすることは全く適切で妥当なことです。
しかし、より大きな意味では、私たちがこの地を聖別することはできず、聖化することもできず、清めることもできません。生者であれ死者であれ、ここで戦った勇敢なる人々こそがこの土地を聖化してきたのです。私たちの劣った力では余分なものを加えることも何かを減じることも全くできません。ここで私たちが言うことには世界はほとんど注目もしないし、記憶に長くとどめることもないでしょう。しかし、勇敢なる人々がここでなしたことは決して忘れ去られることはないでしょう。
 ここで戦った者たちがこれまで気高く進めてきた未完の仕事に、ここで献身するのはまさに今生きている私たちなのです。私たちの前に残された大いなる責務にここで献身するのはまさに私たちなのです。その責務とは、こうした誉れある死者のために、彼らが死力を尽くして献身した大義に私たちがさらなる献身をすることであり、ここで私たちが、こうした死者たちが無駄に死んだわけではないと高らかに決議することであり、神の御許でこの国に新たな自由の誕生をもたらすことであり、そして人民の、人民による、人民のための政府を地上から消滅させないようにすることなのです。

参考資料
小林宏様からいただいたPDF
演説の最後の言葉に関する詳細な考察です。

リンカーン大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究