詳細年表


 1809年2月12日 ケンタッキー州ハーディン郡(現ラルー郡)ホジェンヴィル付近に生まれる
 1811年 リンカーン一家、ノブ・クリークに移転
 1816年12月  リンカーン一家、インディアナに移転
 1818年10月5日 母、亡くなる
 1819年12月2日 父、再婚
 1826年 ジェームズ・テイラーの渡し船で働く
 1828年 平底舟を作り、貨物をニュー・オーリンズに運ぶ
 1830年3月1日 リンカーン一家、イリノイに移転
 1831年 ニュー・オーリンズへ再び赴く
 1831年9月 ニュー・セイレムに移転、雑貨店で働く
 1831-1832年 ニュー・セイレムのディベート・ソサイエティの集会に参加
 1832年4月21日 ブラック・ホーク戦争に志願
 1832年5月9日 連邦陸軍の軍務に就く
 1832年7月10日 軍務が終わり、ニュー・セイレムに帰る
 1832年8日6日 州議会に立候補するが落選
 1832年 雑貨店の半分の経営権を購入
 1833年5月7日 ニュー・セイレムの郵便局長に任命される
 1833年 測量技師の仕事を始める
 1834年8月4日 州議会議員に選出、この頃から法律の勉強を始める
 1834年12月 州議会に登院
 1836年8月1日 州議会議員に再選、2期目
 1836年9月9日 法曹界に加入
 1836年9月11日 最初の訴訟を担当
 1836年12月5日 ホイッグ党の州議会院内総務を務める
 1837年4月15日 スプリングフィールドに移転
 1838年8月5日 州議会に再選、3期目
 1839年7月4日 スプリングフィールドがイリノイの新しい首都に
 1840年8月5日 州議会議員に再選、4期目
 1842年 州監査役のジェームズ・シールズと決闘になりかける
 1842年11月4日 メアリ・トッドと結婚 
 1843年5月1日 連邦下院議員の候補指名獲得に失敗 
 1843年8月1日 長男ロバート誕生 
 1844年 大統領選挙戦でヘンリー・クレイのためにイリノイ東部とインディアナ南西部で遊説
 1846年3月10日 次男エドワード誕生 
 1846年5月1日 ホイッグ党の連邦下院議員候補に指名される 
 1846年5月13日 米議会、メキシコに宣戦布告 
 1846年8月3日 連邦下院議員に選出される 
 1846年8月15日 キリスト経を軽侮したという非難に対して宗教上の信念に関する声明を公表 
 1847年12月6日 連邦下院に登院 
 1848年6月7-9日 ホイッグ党の全国大会に出席 
 1848年8-9月 大統領選挙でテイラーのために選挙運動 
 1848年12月4日 連邦下院に登院 
 1849年3月10日 砂洲を通る時に船を浮かせる方法で特許を出願 
 1849年4月 弁護士業に戻る 
 1849年6月21日 ワシントンの公有地管理局の監査官の指名獲得に失敗
 1849年8月21日 オレゴン準州長官に指名されるが拒否 
 1849年9月27日 オレゴン準州総督に指名されるが拒否
 1850年12月21日 三男ウィリアム誕生 
 1851年1月15日 父、亡くなる 
 1853年4月4日 四男トマス誕生 
 1854年8月 カンザス=ネブラスカ法の成立を契機に政界に復帰 
 1854年9月26日 スティーヴン・ダグラスの演説に対して異議を唱える 
 1854年10月4日 ダグラスの演説に対して反駁演説を行う 
 1854年10月16日 ピオリア演説を行う 
 1854年11月7日 州議会議員に当選、5期目 
 1855年2月8日 連邦上院議員選挙で落選 
 1855-1856年 弁護士業を再開 
 1856年5月29日 反ネブラスカ派の集会で演説を行う
 1856年6月17日 共和党初の全国大会に参加
 1856年7-11月 大統領選でジョン・フリーモントのために選挙活動を行なう 
 1858年6月16日 共和党連邦上院議員候補に指名される 
 1858年7月24日 現職ダグラスに論戦を挑む 
 8月21日-10月15日 リンカーンとダグラスの論戦
 1859年1月5日 連邦上院選挙で落選 
 1859年4月16日 大統領候補に向いていないと言明 
 1859年8月 中西部に遊説旅行 
 1859年11-12月 カンザス各地を遊説
 1860年3-4月 ニュー・イングランド各地で遊説 
 1860年5月18日 共和党大統領候補指名を獲得 
 1860年10月 髭を蓄え始める 
 1860年11月6日 大統領選挙投票日 
 1860年12月5日 選挙人団が投票 
 1861年2月13日 大統領当選が正式に確定 
 1861年3月4日 大統領就任 
 1861年3月5日 閣僚任命 
 1861年3月9日 最初の閣議 
 1861年4月12日 南北戦争勃発 
 1861年4月15日 反乱状態を認定、民兵を召集、特別議会召集を布告
 1861年4月19日 脱退諸州のすべての港の封鎖を発令 
 1861年4月27日 封鎖をノース・カロライナとヴァージニアに拡大 
 1861年5月3日 志願兵を召集 
 1861年5月10日 キー・ウェスト、トートゥガス、サンタ・ローザなどで戒厳令と人身保護令状の差し止めを布告
 1861年7月4日 戦争教書を議会に送付 
 1861年7月21日 ブル・ランの戦い 
 1861年7月29日 反乱鎮圧のために民兵の召集を認める 
 1861年8月5日 所得税法に署名 
 1861年8月6日 奴隷押収法に署名、連邦議会、3月4日以降の大統領の行為を認定
 1861年8月16日 脱退諸州との商取引を禁止 
 1861年10月24日 大陸を横断した電報を初めて受け取る
 1861年12月3日 第1次一般教書 
 1862年1月11日 キャメロン陸軍長官の更迭を決定
 1862年1月27日 戦争命令第1号を発令 
 1862年1月31日 緊急時に鉄道と電信線を押収することを認める 
 1862年2月20日 三男ウィリアム、亡くなる
 1862年2月25日 1億5000万ドルの紙幣発行を認める法案に署名 
 1862年3月6日 奴隷廃止を漸進的に行っている州に補償をするように勧告する特別教書を議会に送付 
 1862年4月6-7日 シャイロウの戦い 
 1862年4月16日 コロンビア特別行政区の奴隷を廃止する法案に署名 
 1862年5月15日 農務省創設 
 1862年5月20日 ホームステッド法に署名 
 1862年6月5日 ハイチとリベリアに派遣する外交代表を任命 
 1862年6月9日 準州で奴隷を禁止する法案に署名 
 1862年7月1日 ミズーリ川から太平洋岸に鉄道と電信をひく法案に署名 
 1862年7月2日 30万人の志願兵を3年間の兵役期間で召集、モリル法案に署名 
 1862年7月17日 18歳から45歳までの軍役を認め、黒人の入隊も認める 
 1862年7月22日 奴隷解放宣言の草稿を閣議に提示
 1862年8月4日 30万人の民兵を9ヶ月間の兵役期間で召集 
 1862年8月9日 シーダー・マウンテンの戦い 
 1862年8月29-30日 第2次ブル・ランの戦い 
 1862年9月17日 アンティータムの戦い 
 1862年9月22日 奴隷解放予備宣言を発布 
 1862年9月23日 黒人を移民させる土地の獲得について閣議に諮る 
 1862年9月24日 反乱者に対する人身保護令状の差し止めを宣告 
 1862年11月5日 マッケラン将軍を罷免 
 1862年12月1日 第2次一般教書 
 1862年12月17日 スアード国務長官を慰留
 1862年12月18日 上院委員会の要求によりスアード国務長官を更迭 
 1862年12月20日 チェイス財務長官を慰留 
 1862年12月31日 ハイチへの黒人移民に関する契約を結ぶ 
 1863年1月1日 奴隷解放宣言を公布 
 1863年1月25日 バーンサイド将軍を解任
 1863年2月24日 アリゾナ準州設置 
 1863年2月25日 全国銀行制度法案に署名
 1863年3月3日 アイダホ準州設置、徴兵法案と1863年裁判所法案に署名、人身保護令状の差し止めを布告
 1863年5月2-4日 チャンセラーズヴィルの戦い 
 1863年6月15日 南軍の北部侵攻に備えて10万の民兵を6ヶ月の兵役期間で召集 
 1863年6月20日 ウェスト・ヴァージニアが連邦に加盟 
 1863年7月1-3日 ゲティスバーグの戦い 
 1863年7月4日 ヴィックスバーグの降伏 
 1863年7月30日 黒人兵士を南軍からの報復から保護する宣言を布告 
 1863年9月15日 全面的な人身保護令状の差し止めを布告
 1863年9月19-20日 チッカマウガの戦い
 1863年11月19日 ゲティスバーグの演説 
 1863年12月8日 第3次一般教書、南部連合の中で連邦に忠誠を誓う者に恩赦を与える布告を発令
 1864年2月1日 50万人の兵士を3年間、もしくは戦争継続中の兵役期間で召集 
 1864年2月20日 オラスティーの戦い 
 1864年3月9日 グラント将軍を中将に任命 
 1864年5月5-7日 ウィルダーネスの戦い 
 1864年5月8-12日 スポッツシルヴェニアの戦い 
 1864年5月26日 モンタナ準州設置 
 1864年6月1-3日 コールド・ハーバーの戦い 
 1864年6月7日 大統領候補指名を受ける 
 1864年6月15-18日 ピーターズバーグの戦い 
 1864年6月28日 1850年逃亡奴隷法が廃止される 
 1864年6月30日 内国歳入法案に署名 
 1864年7月2日 沿岸奴隷貿易を禁止する法案に署名
 1864年7月4日 ウェイド=デーヴィス再建法案に拒否権を行使 
 1864年7月5日 ケンタッキーに戒厳令を布く 
 1864年7月18日 ホレース・グリーリィを講和交渉のために派遣 
 1864年10月31日 ネヴァダが連邦に加盟 
 1864年11月8日 大統領選挙投票日
 1864年12月6日 第4次一般教書 
 1864年12月7日 選挙人団が投票 
 1864年12月19日 30万人の兵士を召集 
 1865年1月18日 南部との講和交渉に応じる旨を表明 
 1865年2月1日 憲法修正第13条が議会によって諸州に提出される 
 1865年2月3日 南部の講和使節と会談 
 1865年2月8日 大統領当選が確定 
 1865年3月4日 大統領就任式 
 1865年4月1日 ファイヴ・フォークスの戦い 
 1865年4月3日 北軍、ピッツバーグとリッチモンドを占領 
 1865年4月4日 リンカーン、リッチモンドに到着 
 1865年4月9日 アポマトックスの会見、リー将軍降伏し、南北戦争終結
 1865年4月11日 生前最後の公開演説 
 1865年4月14日 生前最後の閣議、ジョン・ブースにフォード劇場で狙撃される
 1865年4月15日 午前7時22分、銃創が原因で亡くなる 

ジョージ・ワシントン大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究