ベンジャミン・ラッシュ宛の手紙(1790年4月4日付)
「我々の革命の歴史は端から端まで絶え間のないまやかしになるだろう。全体の核心になるところは、フランクリンの電気を帯びた杖がが大地を打つとワシントン将軍が出現するところになる。フランクリンがその杖でワシントンに電撃を与え、そこから前進して両者はすべての政策、交渉、立法、そして戦争を行なう。[中略]。もしこの手紙が数百年後まで保存されて読まれるようなことがあるなら、読者は『ジョン・アダムズは嫉妬により真実を考えるのに耐えられなかったのだ』と言うだろう」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果