「ダヴィラ論」(1791年)
「最も貧しい職工だけではなく、お恵みで生きている者、それどころか路上の乞食でさえも、そして、すべての罪なき者だけではなく、海賊、追いはぎ、泥棒のような不品行に身をやつした者さえも、一群の崇拝者をはべらし、自らの優越性を誇示し、その鑑識眼が他者よりも優れていると示したがる。[中略]。神は自然を創造するにあたって、すべての者が模倣と同時に競い合う性質を持つように定め、その結果、区別を求める情熱がある。すべての者はそれを満たすための機会や手段に平等に恵まれているわけではない」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果