アダムズからアビゲイルに宛てた手紙(1764年4月16日)
「私は毎日あなたに手紙を書こうと思います。私は自分の手紙を非常に軽いものにしているでしょうか。あなたは私の手紙でパイプに火をつけたりしていないでしょうか。もしあなたがそうしていても私は気にしません。書くことが私の楽しみなのです。しかし、私はほとんど抑えることもなくあなたに書いていることを不思議に思います。というのは、地球上で他の誰よりも私はあなたの批判を恐れ、それこそ私がこれまで恐れ、いつもあなたを恐れるだろう唯一の特徴なのです。あなたに何を言うべきでしょうか。こうした言い分を認めてくれるでしょうか。あなたは私を勇気ある人間だと思いますか。勇気は称賛に値するもので、女性においては栄えある美徳です。どうして男性においてはそうでないと言えるでしょうか。私としては、あなたに私を称賛して欲しいのです」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果