シェイズの反乱に対するジェファソンの見解(1787年11月13日付)
「我々は11年前に13植民地を独立させました。それは1つの反乱でした。150年に1度くらいは各州で反乱が起きるでしょう。150年に1度も反乱が起こらなかった国などかつて存在したことなどあるでしょうか。もし支配者が、抵抗の精神を人民が保持することにより警告を時々受けなければ、自由を保てる国などあるでしょうか。人民に武器を取らせよ。事情に応じて人民を正常な状態に戻すこと、許してなだめることが救済策である。1世紀か2世紀のうちにほんの僅かな命が失われることがそんなに重大なことでしょうか。自由の樹は時々、愛国者と圧制者の血を補給されなければなりません。それはまさに天然の肥料なのです。憲法制定会議は、マサチューセッツの反乱[シェイズの反乱]に多大な影響を受けていました。つまり、そうした機を利用して、憲法制定会議は家禽[憲法制定に反対する者]をおとなしくさせるために猛禽[シェイズの反乱によってもたらされる不安]を放っていたのです」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果