ボストン茶会事件以後の情勢について(1774年1月24日付)
「ボストンが大胆に事を運ぶのと同じくらい十分に慎重に事を運ぶように願っています。総督の強情さと役人根性のせいで彼らは多くの試練と困難を経験すると思います。しかし、軍隊と同じく、政治的衝突は鍛錬を提供し、自由と財産を守る術を学ぶためには時には必要です。アメリカ、特にボストンに対して行われた攻撃は最終的には真に価値を持つものになると信じています」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果