ジェファソンの死を惜しむ手紙(1826年7月6日付)
「私は、人生を閉じるにあたって畏友の臨終が称賛に値するものであったことを全く疑っていません。祖国と彼を愛する者達のために長い時間が与えられましたが、祖国と愛する者達のためにあと数年あればと望まれます。彼が恩寵を得ること、そして、賢者と善人の感謝と記憶の中に、科学の光として、自由の使徒として、愛国主義の模範として、そして人類に恩恵を与えた者として生き続けることによって我々は慰められます。私は彼のこうした特質を50年以上も知っていましたが、それだけではなく社会生活では美徳も魅力も彼は持ち合わせていました。1度たりとも、相互の信頼と心からの友情は中断されることも減じることもありませんでした」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果