チャールズの死を悼む手紙(1799年9月22日付)
「近親者の死は、どんな状況でそれが起ころうともいつもひどく心を動かされます。私の兄弟の死は、ずっと予期されてきたことで、晩年は彼にとって心地よいものではありませんでした。処置は苦痛をもたらすものでしたが、発作に万全を尽くして備えなければなりませんでした。父の再婚による子供達の中で私が一番年長でしたが、最後に残りました。兄弟に続いていつお召しが来るかは神のみぞ知ることです。お召しが来たら、私は大人しくそれに従おうと思います」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果