トルーマン大統領図書館&博物館
 トルーマン大統領が引退後に亡くなるまで住んでいた住宅。閑静な住宅地にある。
 インディペンデンスには老トルーマンの銅像が建っている。
 トルーマン大統領図書館&博物館遠景。敷地はかなり広大。
 大統領博物館内部。右展示はいわゆる「ホイッスル・ストップ」と呼ばれる遊説旅行。列車の最後尾からスピーチしている様子を再現している。
 トルーマン大統領夫人に所縁があるという樹木。トルーマンと夫人のベスは幼い頃からの知り合いだった。
 トルーマン夫妻の墓所。今もトルーマンはここに眠っている。
 冷戦戦略で重要な文書であるNSC68の原本が展示されている。
 インディペンデンスの街の中心部。インディペンデンスは小さな街で中心部もこのようにのんびりした感じ。
 原子爆弾投下を命じたとされる文書。投下の過程についてははっきりしない点が多く議論の余地が残されている。
 大統領図書館調査室内部。各人に机が割り当てられる。調査に来ている人はあまり多くない。
 史料はこのようなボックスに収められている。ライブラリアンに指定して運んで来てもらう。
 ボックスを開けるとこのような形状になっている。中にはさらにフォルダーがある。
 フォルダーを一つ取り出したところ。
 フォルダーの中に文書が格納されている。
 トルーマンが最初に働いていたクリントン・ソーダ・ファウンテン。トルーマンはごく平均的な家庭の生まれである。
 ジャクソン郡庁舎。 トルーマンが最初に公職に就いた場所。