一般命令(1783年4月18日付)
「最高司令官は、アメリカ合衆国とイギリス国王の間の戦闘行為を停止するように、ニュービルディングNewbuildingで明日12時に公式に宣言することを命じ、軍隊のあらゆる部署の前面で宣言を読み上げることを命じた。[中略]。それとなく触れる前に、宣言は戦闘行為の禁止のみに適用され、全面的な平和に適用されるわけではないが、すべての慈愛に富む心にとって最も道理に適った真摯な満足をもたらすだろう。それは長く不確かな戦いに終止符を打ち、流血を止め、素晴らしい展望を開き、暁の明星のように、これまで照らし出されてきた西半球よりも明るい日の到来を約束するものとなるだろう。そのような幸せな日に、平和の前触れの日に、8年間の戦争が終わる日に、感謝の念を抱かずに祝えないということができようか。無情の喜びを分かち合わずに無感覚でいることができようか。最高司令官は、自らの胸の奥の喜びの感情を抑えようとしても抑えることができない。この機会に、全部隊の士官達、合衆国のすべての兵士達、そして特に、戦争が続く限り、侵略された祖国の権利を守ろうと決意した勇敢で忍耐強い者達に誠心誠意の祝賀を捧げる。こうした兵士達はアメリカ軍の誇りと見なされるべきである。そして、当然の報いとして勝利の栄冠を手にした者は、栄光の戦場からもうすぐ立ち去り、静かな市民生活を歩み始める。我々が経験してきた無数の情景を喜びと驚き、そして感謝の念とともに思い起こす時、そして歓喜とともに我々の前に広がっている展望に思いを馳せる時、この栄光ある革命を成就するために苦難と危険を分かち合い、数百万の人々を抑圧から救い、偉大なる帝国の基礎を打ち立てたすべての勇敢な兵士達(どのような状態にあろうとも)が、人間の行いの中で最も崇高なことを果たすために(神の恩寵の下で)召集されたという考えに感銘を抱くように望まざるを得ない」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果