マウント・ヴァーノンへの帰還を伝える手紙(1783年12月28日付)
「この師走の時期に予想しうる中でも最も素晴らしい旅の後、クリスマスの前日に我が家に着きました。それよりも前に私は公的地位を脱ぎ捨てていました。私は今やポトマック河畔の1人の市民です。[中略]。公務に関わる心労の重荷から解放されてほっとしています。善良な人々の愛情を育み、家庭内の美徳を実践して余生を過ごしたいと思います」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果