ラファイエットに退隠の心境を伝える手紙(1784年2月)
「親愛なる侯爵、遂に私はポトマック河畔の1人の市民になり、ブドウとイチジクの木陰で、軍営の喧騒と公務の慌しい状況から解放されています。[中略]。私はすべての公務から退いただけではなく、私自身の殻の中に退いています。誰にも邪魔されない道程を見ることができるでしょうし、心から満足して私生活の道程を辿ることができます。誰も羨むことなく、すべてに満足するつもりです。親愛なる友よ、神の御許で眠りに就くまで、人生の流れを緩やかに下ることが、私の進むうえでの道理なのです」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果