アメリカ大歴史年表U
アメリカ独立戦争からジョージ・ワシントンの総司令官退任まで
1775
1 J. アダムズ、「ノヴァングラス」を発表
2.9 イギリス議会、マサチューセッツ植民地が反乱状態にあると宣告
3.23 ヘンリー、ヴァージニア植民地議会で「我に自由を与えよ、然らずんば死を」と演説
3.25 ジェファソン、第2回大陸会議のヴァージニア代表補欠に選出される
4.19 レキシントン=コンコードの戦い、アメリカ独立戦争の発端に
5.10 愛国派民兵、タイコンデロガ砦を攻略
5.10 第2回大陸会議開催
5.25 イギリス軍の援軍、ボストンに到着
6.15 ワシントン、大陸軍総司令官に指名される
6.17 バンカー・ヒルの戦い
6.21 ジェファソン、大陸会議のヴァージニア代表として登院
7.3 ワシントン、ケンブリッジに到着、アメリカ軍の指揮を開始
7.5 大陸会議、オリーヴの枝請願を採択
7.6 ジェファソンとディキンスンが起草した「武力抵抗の必要な理由の宣言」が採択される
8.23 ジョージ3世、植民地は反乱状態にあると宣言
8.28 フィリップ・スカイラー率いる大陸軍、カナダ遠征に出発
9.28 モンロー、ヴァージニア第3連隊の少尉の辞令を得る
10.2 マディソン、オレンジ郡の民兵隊の大佐に任命される
10.13 ワシントン、漁船の武装化を指令、アメリカ最初の海軍となる
11 モンロー、フリーメイソンリーの階位を得る
11.17 ヴァージニア総督のダンモア卿、奴隷解放を布告
11.29 大陸会議、外交を担当する秘密通信委員会を設置
12.23 ジョージ3世、アメリカ植民地の海上封鎖を宣言
12.31 ワシントン、自由黒人の軍隊参加を認める
12.31 リチャード・モントゴメリー率いる大陸軍のケベック攻略失敗に終わる
1776
1.10 トマス・ペイン、『コモン・センス』を出版
1 J. アダムズ、「政府論」を発表
2.27 ムアーズ・クリーク・ブリッジの戦い、愛国派と王党派激突
3.4 ワシントン、ボストン砲撃を開始
3.17 英軍、ボストンから全面撤退
3.25 モンロー、軍に入隊するためにウィリアム・アンド・メアリ大学を退学
3.31 ジェファソン、母と死別
4.6 大陸会議、アメリカの港をイギリス以外のすべての国に解放
5.2 ルイ16世、アメリカへの秘密援助として100万リーヴルの支出を承認
5.6 マディソン、ヴァージニア革命評議会に参加
5.10 大陸会議、各植民地にイギリスから独立した新政府樹立を正式に勧告
5.15 ヴァージニア議会、大陸会議の代表に独立宣言を提起するように訓令
6.7 ヴァージニア代表のリチャード・リー、大陸会議に独立宣言の決議案を提出
6.11 J. アダムズ、独立宣言起草委員に選ばれる
6.11 ジェファソン、独立宣言起草委員に選ばれる
6.12 J. アダムズ、戦争・軍需品局長に指名される
6.21 ワシントンの暗殺計画、暴露される
6.28 ヘンリー・クリントン率いる大陸軍、チャールストンの攻防でイギリス軍に勝利
6.29 ヴァージニア議会、急進的な最初の成文憲法制定
7.4 独立宣言採択
7.9 ワシントン、独立宣言を軍に読み聞かせるように指令
8.2 独立宣言調印
8.27 ワシントン、ロング・アイランドの戦いで敗退
9.2 ジェファソン、大陸会議を辞す
9.6 J. アダムズ、英軍ハウ将軍と和平交渉を行う使者の1人に指名される
9.11 英軍ハウ将軍との和平交渉決裂
9.12 ワシントン、ニュー・ヨークからの撤退を決定
9.15 英軍にニューヨークを占領される
9.15 モンロー、ニュー・ヨークでワシントンの軍に入隊
9.26 大陸会議、フランスとの通商・同盟条約締結交渉のための使節団派遣
10.7 ジェファソン、ヴァージニア邦議会議員に選出される
10.7 マディソン、ヴァージニア邦議会議員に選出される
10.11 バルクァ島の戦いでアメリカ艦隊壊滅
10.28 ワシントン、ホワイト・プレーンズの戦いで敗退
11.16 ワシントン砦、陥落
12.11 ワシントン、ペンシルヴェニアに後退
12.25-26 ワシントン、トレントンの戦いで勝利
1777
1.3 ワシントン、プリンストンの戦いで勝利
1.6 ワシントン、モリスタウンに冬営地を建設
1.25 ワシントン、イギリスの支援者に対する布告を発令
4.17 大陸会議、外務委員会を設置
6.14 大陸会議、星条旗を制定
7.8 ヴァーモント議会、憲法を制定
9.11 ワシントン、ブランディ・クリークの戦いで敗北
9.20 パオリの虐殺
9.26 英軍にフィラデルフィアを占領される
10.4 ワシントン、ジャーマンタウンの戦いで勝利
10.17 ホレイショ・ゲイツ率いる米軍、英軍をサラトガで破る
11.12 マディソン、参事院に選出される。
11.15 大陸会議、連合規約採択
11.20 モンロー、少佐に昇進
11 コーンウェイの陰謀、発覚
12.17 ワシントン、ヴァリー・フォージの冬営地に入る
1778
2.6 アメリカ、フランスと通商・同盟条約締結
2.17 J. アダムズ、フランスへ向けて出港、J. Q. アダムズ、父に同行
4.5 アダムズ父子、フランスに到着
4.12 イギリスのカーライル使節団、アメリカに向けて出発
4.23 ジョン・ジョーンズ海軍大佐、イギリス本土のホワイトヘイヴンを攻撃
5.6 ワシントン、米仏同盟締結を軍に布告
5.8 J. アダムズ、ルイ16世に謁見
6.28 ワシントン、モンマスでイギリス軍と交戦
7.3 王党派、ペンシルヴェニアのワイオミング・ヴァリー襲撃
7.4 ジョージ・クラーク、民兵を率いてカスカスキア占領
7.10 フランス、イギリスに宣戦布告
8.29 米仏共同によるニューポート奪回作戦失敗に終わる
11.11 王党派、ニュー・ヨークのチェリー・ヴァレー襲撃
11.27 カーライル使節団、平和交渉に失敗し本国に向けて出発
12.20 モンロー、軍を退役
12.29 英軍にジョージア邦のサヴァナを占領される
1779
1 ジェファソン、ヴァージニア邦知事に選出される
3.3 ジョン・アシュ率いる米軍、ブライア・クリークの戦いでイギリス軍に大敗
3.31 ワシントン、ネイティヴ・アメリカンの6部族連合への遠征を命じる
6.1 ジェファソン、ヴァージニア邦知事就任
6.18 アダムズ父子、アメリカへ向けて出港
6.19 ストノフェリーの戦いで英軍、ベンジャミン・リンカン率いる米軍を撃退
6.21 スペイン、イギリスに宣戦布告
7.15 アンソニー・ウェイン、ストーニー・ポイントの襲撃に成功
8.2 アダムズ父子、帰国
8.9 J. アダムズ、マサチューセッツ邦憲法制定会議の代表に選ばれる
9.23 ジョン・ジョーンズ率いるアメリカ艦隊、イングランド沖でイギリス艦隊に勝利
10 J. アダムズ、マサチューセッツ邦憲法を起草
10.9 米仏連合軍によるサヴァナ攻撃撃退される
11.13 アダムズ父子、フランスへ向けて出港
12.8 アダムズ父子、嵐に巻き込まれスペインに上陸
12.14 マディソン、大陸会議のヴァージニア代表に選出される
モンロー、ジェファソンの下で法律を学ぶ
1780
2.9 アダムズ父子、パリに到着
3.1 ペンシルヴェニア邦、奴隷制度の廃止を最初に決定
3.14 スペイン軍、ウェスト・フロリダのモービル占領
5.12 南部の主要港チャールストンを英軍に攻略される
5.25 コネティカットの2連隊、待遇改善を求めて示威活動を行う
6.15 マサチューセッツ邦憲法批准される
6 ジェファソン、モンローを中佐および軍監に任命
7.11 フランス軍の増援軍、ニューポートに到着
7.27 J. アダムズ、オランダへ向けて出発、J. Q. アダムズ、父に同行
7 ジャクソン、騎乗伝令として独立戦争に加わる
8.6 ジャクソン、ハンギング・ロックの戦いに参加
8.16 南部でホレーショ・ゲイツ将軍率いる軍がキャムデンの戦いでイギリス軍に敗れる
9.25 アーノルド将軍の反逆計画、発覚
10.7 アメリカ軍、キングス・マウンテンの戦いで勝利を収める
1781
1.1 ペンシルヴェニア連隊、待遇改善を求めてフィラデルフィアへ
1.4 ジェファソン、リッチモンドに迫ったイギリス軍から逃れる
1.17 ダニエル・モーガン率いる米軍、カウペンズの戦いで英軍を破る
1.23 ワシントン、暴動を起こしたニュー・ジャージ連隊の鎮圧を命じる
2.6 大陸会議、財務局設置
3.1 連合規約成立
3.15 グリーン率いる米軍、ギルフォード・コートハウスの戦いで英軍に大きな損害を与える
4.10 ジャクソン、戦争捕虜になる
4.25 ジャクソン、イギリス軍から釈放される
6.4 ジェファソン、モンティチェロから危うく逃れる
7.7 J. Q. アダムズ、ロシアのサンクト・ペテルブルクに向け出発
8.1 英将軍コーンウォリス、ヴァージニアのヨークタウン占領
8.19 米仏連合軍、ヨークタウンを目指してニュー・ヨークを離れる
8.29 J. Q. アダムズ、サンクト・ペテルブルクに到着
9.5 チェサピーク湾沖の海戦で仏艦隊、英艦隊に勝利
9.28-29 ワシントン、ヨークタウン攻囲を開始
10.19 ヨークタウンの戦い、英軍将軍コーンウォリス降伏
11 ジャクソン、母と死別
12.31 連合会議、ノース・アメリカ銀行に特許状を与える
ジェファソン、知事への再々指名を断り、邦議会議員に選出される
1782
3.7 グナーデンヒュッテンの虐殺
4.12 パリで英米講和交渉開始
5.9 スペイン軍、ウェスト・フロリダのペンサコーラをイギリスから奪回
6.4 サンダスキ河岸の戦い、オハイオでのネイティヴ・アメリカとの紛争が激化
8.19 ブルーリックスの戦い、ケンタッキーにネイティヴ・アメリカン侵入
9.27 英米講和交渉再開
10.7 J. アダムズ、オランダと通商友好条約締結
10.21 モンロー、ヴァージニア邦議会議員に選出される
10.26 J. アダムズ、パリに到着、対英和平交渉に加わる
10 J. Q. アダムズ、サンクト・ペテルブルクを出発
11.30 対英和平交渉、まとまる
12.5 ヴァン・ビューレン、ニュー・ヨーク邦キンダーフックで誕生
12.14 イギリス軍、チャールストンから撤退
1783
1.20 講和予備条約発効、アメリカ独立戦争終焉
3.10 ニューバーグの檄文出回る
3.15 ワシントン、ニューバーグの陰謀を阻止
4.15 連合会議、講和予備条約批准
4.26 多くの王党派がニュー・ヨーク港から亡命
4 J. Q. アダムズ、オランダのハーグに到着、J. アダムズと再会
6.6 ジェファソン、連合会議のヴァージニア邦代表に選ばれる
6.24 連合会議、兵士の反乱でフィラデルフィアからプリンストンに移動
6 モンロー、連合会議のヴァージニア邦代表に選ばれる
7.8 マサチューセッツ邦最高裁、奴隷制度を違憲と判断し、奴隷制度を廃止
9.3 パリ講和条約調印、独立戦争終結
11.25 イギリス軍、ニュー・ヨーク市を撤退
12.23 ワシントン、大陸軍総司令官退任