ボストン虐殺事件におけるアダムズの弁論(1770年12月5日)
「[陪審員]諸君、私はあなた方に提出した証拠をそれ以上に拡大解釈することはありません。事実は頑固なもので、我々の希望や意図、もしくは情熱が命じるところが何であろうとも、事実の性質や証拠を変えることはできませんし、法はその事実よりも揺るぎないものなのです。もし襲撃によって彼らの命が危険にさらされたなら、自身の防衛のために殺害する権利を持つことは法によって明らかです」

歴代アメリカ合衆国大統領研究/歴代アメリカ大統領研究者の成果