義憤
And we are here today looking for the answer to the same question: Where is that America today? How many veterans come home from this war without the care they need−how many wander the streets of the richest country on Earth without a roof over their heads? How many single parents can’t even afford to send their children to the doctor when they get sick, never mind to four years of college? How many workers have suffered the indignity of having to compete with their own children for a minimum wage job at McDonalds after they gave their lives to a company where the CEO just walked off with that multi-million dollar bonus?
「同じ質問に対する答えを今ここにいる私たちは求めている。古き良きアメリカは今いずこに。どれだけ多くの軍人が必要な補償なしで戦争から帰国しているのか。どれだけ多くの人々が世界で最も豊かな国の路上で雨露をしのぐ屋根もなくさまよっているのか。どれだけ多くの片親が病気になった子供を医者にやる余裕さえないのか。ましてや子供を四年間大学にやるどころではない。どれだけ多くの労働者が、数百万ドルのボーナスを懐に経営者が去っていくような会社に人生を捧げた後で、マクドナルドの最低賃金の職を自分自身の子供と奪い合わざるを得ないような冷遇を受けているのか」

勇気
We need to move forward with new leadership. That’s why we’re having this contest.
「新しいリーダーシップで前に進むことが必要だ。私たちが戦っているのはまさにそのためなのだ」

In America ordinary citizens can somehow find in their hearts the courage to do extraordinary things. That change is never easy, but always possible. And it comes not from violence or militancy or the kind of politics that pits us against each other and plays on our worst fears; but from great discipline and organization, and from a strong message of hope.
「アメリカでは平凡な市民こそ非凡なことを成し遂げる勇気を心に見出すことができる。その変化は容易いことではないが、いつでも可能性がある。暴力や争い、お互いに反目させて恐怖を煽りたてるような政治から変化は生まれるのではなく、規律や全米有色人地位向上協会のような組織、そして力強い希望のメッセージから生まれるのです」

挑戦
We believe in personal responsibility and self-reliance. But we also believe that we have a larger responsibility to one another as Americans−that America is a place−that America is the place−where you can make it if you try.
「個人の責任と自信を信じよう。アメリカ人としてお互いにより大きな責任を持っていることを信じよう、そして、アメリカというのはただの場所なのでしょうか、いやアメリカこそ挑戦すればできる場所だと信じよう」

This is our time. Our time to make a mark on history. Our time to write a new chapter in the American story. Our time to leave our children a country that is freer and kinder, more prosperous and more just than the place we grew up.
「今こそ私たちの時代なのだ。歴史に残る私たちの時代。アメリカという物語に新しい章を書き加える私たちの時代。私たちが育ったこの国をもっと自由で思いやりに満ち、繁栄し公正な国にして子供たちに残せるのが私たちの時代」

People are fed up, they’re angry, they’re frustrated, they’re bitter and they want to see a change in Washington. That’s why I’m running for president of United States of America.
「人々はうんざりしています。怒っています。不満を持っています。憤慨しています。ワシントンが変化するのを見たいのです。だからこそ私は合衆国大統領に立候補しました」

At the edge of despair, in the shadow of hopelessness, ordinary people make the extraordinary decision that if we stand together, we rise together.
「絶望の淵でこそ、失望の影でこそ、平凡な人々は非凡な決意をする。結束すれば共に立ち上がることができるのだと」

It is now time to fulfill our hope for an America where we’re in this together―for our seniors, for our children, and for every American in the years and generations yet to come,
「お年寄り、子供たち、そしてすべてのアメリカ人と将来の世代のために社会保障を実現するために一致協力する、アメリカをそんな場所にする希望を今こそかなえるべき時だ」

躍進
We won the state of Maryland. We won the Commonwealth of Virginia. And though we won in Washington D.C., this movement won’t stop until there’s change in Washington.
「メリーランド州で勝利した。ヴァージニア州でも勝利した。そして首都ワシントンでも勝利した。ワシントンに変化をもたらすまでこの動きは止められない」

In one day's time, in less than 24 hours, you will have a chance―it will be your turn―to stand up and say to the rest of the country, ‘The time for change has come’
「二十四時間以内にあなたたちにチャンスが訪れる。立ち上がって『変化の時が来たのだ』と全米に伝える順番がやってくるのです」

We know the battle ahead will be long, but always remember that no matter what obstacles stand in our way, nothing can stand in the way of the power of millions voices calling for change.
「これから戦いは長期化するだろうが、どんな障害が待ち受けていても、変化を求める数百万の人々の声の力を押しとどめるものなどない」

和解
Hillary and I may have started with separate goals in this campaign, but we made history together.
「ヒラリーと私は違った目標を持って予備選挙を開始したが、私たちは一緒に歴史を作った」

For 16 months, Senator Clinton and I have shared the stage as rivals. But, today, I couldn’t be happier and more honored and more moved that we’re are sharing this stage as allies.
「16ヶ月にわたって、ヒラリーと私はライバルとしてステージで競ってきた。しかし、今日、このステージを盟友として私たちが共有できること以上に幸福で晴れがましく感動することはない」
ジョージ・ワシントン大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究