子供


6男4女
エリザベス・バセット・ハリソン
 長女エリザベス・バセット・ハリソン(1796.9.29-1846.9.26)はワシントン砦(現在のオハイオ州)で生まれた。1814年6月29日、親類のジョン・ショートと結婚した。夫妻はハリソンが与えたノース・ベンドの農園に住んだ。
ジョン・クリーヴス・シメズ・ハリソン
 長男ジョン・クリーヴス・シメズ・ハリソン(1798.10.28-1830.10.30)はヴィンセンズ(現在のインディアナ州)で生まれた。1819年9月29日、クラリッサ・パイクと結婚した。モンロー大統領によりヴィンセンズの土地管理局の出納官に任命された。しかし、1万2000ドルを横領した罪でジャクソン政権期に免職処分を受けた。その後、間もなくして腸チフスで亡くなった。
ルーシー・シングルトン・ハリソン
 次女ルーシー・シングルトン・ハリソン(1800.9-1826.4.7)はリッチモンドで生まれた。1819年9月30日、シンシナティの弁護士デイヴィッド・エステと結婚した。4人目の子供を出産した後に亡くなった。
ウィリアム・ヘンリー・ハリソン・ジュニア
 次男ウィリアム・ヘンリー・ハリソン・ジュニア(1802.9.3-1838.2.6)はインディアナ準州ヴィンセンズで生まれた。17才の時にトランシルヴェニア大学に入学した。法律学を修了してシンシナティで弁護士業を営んだ。
 1824年2月18日、ジェーン・アーウィンと結婚した。ウィリアムは徐々に酒に溺れるようになり、父から「時々、お前がしているような無気力で怠惰な生活を止め、朝には事務所に行き、昼食までそこに留まり、もし仕事がない場合でも専門書を読み、仕事に捧げるべき時間帯は決して専門書以外の本を開かないように」という叱責を受けた。こうした忠告も虚しくウィリアムの飲酒癖は止まず、1838年、オハイオ州ノース・ベンドでアルコール依存症が原因で亡くなった。寡婦となったジェーンは、ハリソンが大統領に就任した際にホワイト・ハウスの公式な女主人となった。
ジョン・スコット・ハリソン
 3男ジョン・スコット・ハリソン(1804.10.4-1878.5.25)はインディアナ準州ヴィンセンズで生まれた。ジョンはオールド・ファーマーズ大学で学んだ後、父の代わりに農園主を管理した。
 1824年、ルクレティア・ジョンソンと結婚した。ルクレティアの死後、1831年8月12日、エリザベス・アーウィンと再婚した。2番目の妻との間に、後に大統領になるベンジャミン・ハリソンが生まれている。ジョンは、大統領の父と大統領になった息子を持った唯一の人物である。
 ジョンはオハイオ州ハミルトン郡で農園主として成功を収めた。1853年から1857年にかけて2期、連邦下院議員を務めた。奴隷制拡大に反対し、カンザス=ネブラスカ法を非難する演説を行った。
 3期目の選挙で敗れた後は農園の管理に専念した。1878年、インディアナ州ポイント・ファームで亡くなった。死後に遺体を盗まれるという奇禍に遭っている。その当時、医学校で解剖に供するために遺体が盗まれることがあった。先に盗まれた親類の遺体を探すためにジョンの息子と近所の者はシンシナティの医学校を訪れた。そこで偶然、息子は盗まれた父の遺骸を発見した。この事件は全国的に報道されて有名になった。単に営利目的で遺骸が盗まれたとされているが、当時は、ベンジャミン・ハリソンの政敵が復讐のために犯行に及んだとまことしやかに囁かれた。
ベンジャミン・ハリソン
 4男ベンジャミン・ハリソン(1806-1840.6.9)はインディアナ準州ヴィンセンズで生まれ、医師となった。ルイーザ・ボナーLouisa Bonnerと結婚した。その後、メアリ・レーニーと再婚した。
 1836年、テキサス独立戦争の際に負傷しメキシコ軍の捕虜となった。父が大統領に選ばれる前に亡くなった。後に大統領になった甥はベンジャミンに因んで命名された。
メアリ・シメズ・ハリソン
 3女メアリ・ハリソン(1809.1.22-1842.11.16)はインディアナ準州ヴィンセンズで生まれた。1829年3月5日、医師のジョン・ソーントンと結婚した。
カーター・バセット・ハリソン
 5男カーター・バセット・ハリソン(1811.10.26-1839.8.12)はインディアナ準州ヴィンセンズで生まれた。17才の時に、父のコロンビア赴任にともなって随員になった。帰国後、教育を終えたカーターは弁護士になった。
 1836年6月16日、メアリ・サザランドと結婚したが、3年後に亡くなった。
アンナ・タットヒル・ハリソン
 4女アナ・タットヒル・ハリソン(1813.10.28-1845.7.5)はオハイオ州シンシナティで生まれた。1836年6月16日、親類のウィリアム・テイラー(1813-1894)と結婚した。
ジェームズ・フィンドレイ・ハリソン
 6男ジェームズ・フィンドレイ・ハリソン(1814-1817)はオハイオ州ノース・ベンドで生まれたが早世した。 

ウィリアム・ハリソン大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究