最高裁長官オリヴァー・エルズワース


 ニュー・ヨーク州知事に就任するにあたって最高裁長官を辞任したジェイの後任を誰にするかは難しい問題であった。最初、ワシントンは最高裁判事のジョン・ラトレッジを長官に指名したが、上院の承認を得ることができなかった。次に同じく最高裁判事のウィリアム・カッシングに就任を打診したが断られた。結局、ワシントンは上院議員のオリヴァー・エルズワース(1745.4.29-1807.11.26)をジェイの後任に指名した。エルズワースの指名は、最高裁における年功序列にとらわれず、能力に応じて長官を任命する一つの先例となった。
 エルズワースはコネティカット植民地ウィンザーの富農の子として生まれた。厳格なカルヴィニズムを信仰する家庭で育った。1762年にイェール大学に入学したが、後にカレッジ・オヴ・ニュー・ジャージー(現プリンストン大学)に転じた。1766年に大学を卒業後、聖職者になるための勉強を続ける傍ら、短期間ながら教師として働いた。しかし、エルズワースは聖職者の道に進まず、法曹界に進む道を選んだ。
 1773年には、コネティカット植民地議会下院議員に選ばれた。さらに1778年から1783年まで、大陸会議(連合会議)のコネティカット邦代表として活躍した。合衆国憲法制定会議にも参加し、憲法案の起草に携わった。合衆国憲法の下で連邦上院議員に選出された。上院議員の中でエルズワースは最も影響ある人物であり、裁判所法の成立に貢献した。
 最高裁長官としてエルズワースは、1796年、合衆国対ラ・ヴァンジャンス事件で、連邦政府の権限が内陸水系にも及ぶことを明言した。また、判事全員が一つの判決を無記名で発表する慣行を導入した。

ワシントン政権閣僚歴代アメリカ合衆国大統領研究