財務長官オリヴァー・ウォルコット


ジョン・アダムズ オリヴァー・ウォルコットの経歴については、ワシントンの項、副大統領/閣僚/最高裁長官、財務長官オリヴァー・ウォルコットを参照せよ。
 ウォルコットは国務長官ピカリング、陸軍長官マクヘンリーとともにハミルトンの影響下にあった。ピカリングとマクヘンリーが更迭された一方で、アダムズに信頼されていたウォルコットは更迭を免れた。しかし、ウォルコットは秘かにハミルトンがアダムズを攻撃する文章を書くために様々な情報を流していた。1800年11月、チャールズ・ピンクニーがアダムズの代わりに大統領に当選するという目論見が外れると、ウォルコットは辞職を願い出た。アダムズはそれを「しぶしぶと残念に」思いながら承諾した。
 1801年の裁判所法に基づいて新たな判事を選ぶ際に、アダムズはウォルコットを第二管区の判事に選んだ。しかし、後に1801年の裁判所法が廃止されたために失職した。ウォルコットは実業に携わった後、1810年に合衆国銀行ニュー・ヨーク支店の理事会に加わった。合衆国銀行の特許が失効した後、アメリカ銀行の設立を主導し、総裁に就任した。1817年にはコネティカット州知事選挙で辛うじて勝利を収めた。1818年の州憲法改定では大きな影響を及ぼした。また州税制の改革に貢献した。1827年の知事選挙において僅差で敗れたウォルコットは公職を退いた。

ジョン・アダムズ大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究