海軍長官ベンジャミン・クロウニンシールド


ベンジャミン・クロウニンシールドの経歴については、マディソンの項、副大統領/閣僚/最高裁長官、海軍長官ベンジャミン・クロウニンシールドを参照せよ。海軍長官としてクロウニンシールドは海軍の軍規が再編し、「海軍業務のための規則、規定、そして訓令」を発行した。
 退任後、クロウニンシールドは大統領選挙人に選ばれ、1820年の大統領選挙でモンローに票を投じている。1821年、再びマサチューセッツ州下院議員に選出された。さらに1823年には連邦下院議員に当選し、1831年まで在職した。その後、3度マサチューセッツ州下院議員に選ばれた。1期務めた後、クロウニンシールドはボストンに引退し、1851年に亡くなるまで同地に留まった。

ジェームズ・モンロー大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究