ジェイムズ・モンロー 第5代アメリカ合衆国大統領

ジェームズ・モンロー

James Monroe

生没年日(1758年4月28日〜1831年7月4日)
在任期間(1817年3月4日〜1825年3月4日)
 
ジェームズ・モンロー大統領の概要
小農園主の子
 ジェームズ・モンロー大統領は1758年4月28日、ヴァージニア植民地ウェストモーランド郡で生まれた。ワシントンと同郡である。父スペンス((?-1774.2.14?))と母エリザベス(?-?)の間に生まれた5人の子供の中で2番目の子供であり、長男であった。父スペンスは、小農園主であり大工であった。ウェストモーランド郡の巡回裁判所の判事も務めた。また印紙条例に反対するヴァージニア決議の署名者の1人でもあった。


最後の三角帽
 ジェームズ・モンロー大統領は「最後の三角帽」という渾名を持っている。三角帽は独立戦争時に軍務に服していたことを示している。ジャクソンを除けば独立戦争に参加した最後の世代である。
 ジェームズ・モンローはヴァージニア邦議会議員を皮切りに、駐仏アメリカ公使、ヴァージニア州知事を歴任した。またフランス特使としてルイジアナ購入の実務交渉にあたっている。帰国後、マディソン政権下で国務長官ならびに陸軍長官を務めた。

 
好感情の時代

1816年の大統領選挙で勝利したジェームズ・モンローは第5代大統領に就任した。モンロー政権期は「好感情の時代」と呼ばれるように、実質的に民主共和党による一党支配の時代であった。奴隷制に関して1820年にミズーリ妥協が成立した。また外交に関して1823年にモンロー大統領はモンロー・ドクトリンを発表した。


ジェームズ・モンロー大統領のその他の項目
  ジェームズ・モンロー大統領の年表
  ジェームズ・モンロー大統領の出身州
  ジェームズ・モンロー大統領の祖先
  ジェームズ・モンロー大統領の家庭環境
  ジェームズ・モンロー大統領の学生時代
  ジェームズ・モンロー大統領の職業経験(合衆国憲法成立以前)
  ジェームズ・モンロー大統領の職業経験(合衆国憲法成立以後)
  大統領選挙戦
  モンロー政権の特色と課題
  副大統領・閣僚・最高裁長官
  ジェームズ・モンロー大統領の引退後の活動
  ジェームズ・モンロー大統領の後世の評価
  ファーストレディ
  子供
  ジェームズ・モンロー大統領の趣昧
  ジェームズ・モンロー大統領のエピソード
  ジェームズ・モンロー大統領の宗教
  ジェームズ・モンロー大統領の演説

  ジェームズ・モンロー大統領関連参考文献
  ジェームズ・モンロー大統領関連資料庫
歴代アメリカ合衆国大統領研究