最高裁長官ジョン・マーシャル


ジョン・マーシャルの経歴については、ジョン・アダムズの項、副大統領/閣僚/最高裁長官、国務長官ジョン・マーシャルを参照せよ。前政権からマーシャルは引き続き在職した。
 1827年のマーティン対モット事件で、マーシャルは、大統領が州兵の就役を要求した場合に、それを州が拒否することはできないという裁定を下した。マーシャルは次政権でも引き続き在職した。

ジョン・クインシー・アダムズ政権歴代アメリカ合衆国大統領研究