猛母


 自分の息子が大統領になる。それは世の母親にとって非常に誇らしいことに違いない。しかし、ジョージ・ワシントンの母は違った。ワシントンの母メアリは息子のジョージが大統領になるのが大いに不満だった。就任式にさえ出席しなかった。ただワシントンは、負債を清算し就任式が行われるニューヨークまで行くための旅費を工面するために借金しなければならなかったから、はたしてニューヨークまでメアリを連れて行けたかどうかは疑問だ。
 メアリはジョージが独立戦争に参加したことに憤慨していた。メアリの考えによれば、母を放置して戦争に出かけるとは何事かということである。ジョージはメアリに経済的援助をしたが、それでもメアリは満足せず、ヴァージニア立法府の面々に経済的援助をしてくれるように要求した。ジョージはメアリにそれを止めるように懇願した。メアリはしばしば周囲の人達に自分は貧困で困っているのに息子が取り合ってくれないとこぼしていたという。ジョージが大統領になろうとも、メアリにとっては不孝息子に過ぎなかったわけだ。
 第33代大統領ハリー・S・トルーマンの母マーシャも息子が大統領になった時にまだ存命していた。マーシャは大のリンカーン嫌いだった。マーシャは何故、リンカーンが大嫌いだったのか。マーシャは1852年の生まれで南北戦争を体験している。マーシャの体験談によると、南北戦争時に北軍のキャンプに家族ともども監禁されたという。マーシャは常々それを息子ハリーに語って聞かせていた。
 マーシャがホワイトハウスを訪れた時、リンカーンの寝ていたベッドに寝るくらいなら床で寝たほうがましだと息子に伝えた。またマーシャが臀部骨折を患った時、ベッド際に駆けつけたハリーに対してマーシャは次のようにまくしたてた。
 「おまえから言い訳も聞きたくないわ。先週、おまえがリンカーン記念塔で献花している写真を新聞で見ましたよ」
 いくら大統領といえども母には頭があがらなかったということか。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究