悪魔の饗宴


 現代では就任式はテレビで大々的に放映される一大イベントだ。就任式は、1937年以後、毎回1月20日に行われている。正午少し前に行われる宣誓に始まり、就任演説、記念パレード、祝賀舞踏会と盛大な式典が目白押しだ。ワシントンのみならずテレビ・ネットワークを通じて全米が祝賀ムード一色に染まる。しかし、そんなおめでたい就任式ばかりではなかった。
 時は1829年3月4日、第7代大統領アンドリュー・ジャクソンの就任式が行われた。就任式に続く祝賀会では特に催し物が準備されていなかった。そこで招かれざる客はいったい何をしたのか。
 彼らはあろうことか、ホワイトハウスの中で陶器を壊したり、食器を壊したり、窓を割ったり、狼藉をはたらき始めた。ダマスク織りの椅子に泥だらけの靴でのったり、ソファを潰したり、壁紙を剥がしたり、衣服を引き裂いたり狼藉はエスカレートするばかりだった。泥酔したり、喧嘩を始めたりする者までいた。まさに悪魔の饗宴だった。ホワイトハウスの中で無傷で残された物はほとんどなかった。幸いジャクソンの周りには屈強な友人たちがいて、何とか裏窓から逃れることができた。ジャクソンは就任最初の夜をホテルで過ごさなければならなかった。
 ジャクソンのすごいところはこの就任祝賀会の乱痴気騒ぎに全く懲りていなかったことだ。ジャクソンが大統領任期を終えるにあたって、ジャクソンは酪農家から巨大なチーズをプレゼントされた。長さ約120cm、厚さ約60cm、重さ約635kgという巨大なチーズである。当然、1人では食べきれない。そこでジャクソンは退任パーティーを開くことにした。
 その結果は惨憺たるものだった。食べ残しのチーズがカーペットの上で踏み潰されたり、家具に塗りつけられたりしていた。特に匂いがすさまじく何週間も匂いが消えなかったという。後にチェスター・A・アーサーがホワイトハウスの家具が気に入らないと言ってほとんどすべての家具を二束三文で売り払ったが、もしかするとこのことに原因があるのかもしれない。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究