クリーヴおじさんのプレゼント


 クリーヴ叔父三個とグロヴァー・クリーヴランドが、将来、妻となるフランシス・ふぉるさむに初めて送ったプレゼントは何か。答えは乳母車である。フランシスが子持ちの未亡人だったというわけではない。乳母車はフランシス自身の乳母車である。
 実はフランシスは、クリーヴランドの友人の娘である。その友人が交通事故で亡くなった後、クリーヴランドはフランシスの後見人に指名された。フランシスはクリーヴランドを常日頃、クリーヴおじさんと呼び、クリーヴランドはフランシスをフランクと呼んだ。
 1886年6月2日にホワイトハウスで挙式した時、新郎は49歳、新婦は21歳だった。ホワイトハウスで結婚式をしたのはクリーヴランドただ1人で、しかも初婚である。どうして今まで結婚しなかったのかと聞かれた時に、クリーヴランドは「私の妻が大きくなるのを待っていただけだ」と答えている。まるで源氏物語の若紫のような話である。
 クリーヴランドは結婚式当日、執務をいつも通りにこなし、午後7時からの式に臨んだ。結婚式はごく内輪で行われた。新郎は、新婦に愛と敬意を捧げることは誓ったが、服従は拒否し、代わりに守ることを誓った。
 2人のホワイトハウスでの新婚生活は、クリーヴランドが大統領再選に失敗したことで幕切れとなった。ホワイトハウスを去る時にフランシスはスタッフを集めて言い渡した。
 「手入れを怠らないように。我々は帰ってくるから」
 はたしてフランシスの言葉は4年後に本当のものになった。クリーヴランドはベンジャミン・ハリソンを大統領選で破り雪辱を果たしたのである。後にも先にも大統領に返り咲いたのはクリーヴランドしかいない。クリーヴランド夫妻がホワイトハウスに帰って来た時にただ一つだけ変わっていることがあった。それはクリーヴランド夫妻の間に娘ルースがうまれて一家が3人になっていたことである。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究