屈辱


 ジョン・クインシー・アダムズが若い頃に駐在大使としてプロシアに行った時の話。困難な旅の後にアダムズはベルリンに着いたが、その門の前で将校に合衆国から来たと告げると、若い将校は、「合衆国?それはいったい何だね?」と答えた。今は知らぬものの居ないアメリカ合衆国も建国当初はこんなものだったのである。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究