運命の出会い?


 寡夫だったジョン・タイラーはジュリア・ガードナーとの恋をやっとのことで成就した。タイラーはジュリアに五回あっただけでプロポーズした。しかも、一度もプライベートでは会っていずに。ジュリアの答えはもちろんノー。タイラーはジュリアとその父親をプリンストン号の乗艦セレモニーに招待した。その日は、ピースメーカーと呼ばれる世界最大の主砲の発射も行われることになっていた。ジュリアとタイラーは甲板でダンスを楽しんでいた。その時、ピースメーカーが原因で爆発が起こり8人の死者が出た。その中には国務長官、海軍長官に加え、ジュリアの父親まで含まれていた。ジュリアはその知らせを聞くとタイラーの腕の中に倒れ込んだ。その四ヵ月後、ジュリアはタイラーと結婚した。花嫁は24歳、花婿は54歳である。実はタイラーは前妻と死別していて、その当時、四人の娘と三人の息子がいた。七人の子供のうち、実に三人が新婦よりも年上だった。自分よりも年上の娘や息子を持つことになったジュリアはさぞかし面食らったに違いない。タイラーはジュリアとの間にもたくさんの子供をもうけ、最後に生まれた子供はタイラーが何と70才の時で十五番目の子供だった。もちろん十五人の子供をもうけたのは歴代大統領の中でも一番多い。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究