スモーキング・ルーム


  「煙が充満した部屋」という政治用語がある。密室に少人数が集まって政治交渉すること。その由来はウォレン・ハーディングの選挙参謀ハリー・ドアーティの言葉。1920年共和党大会を前にして予言する。「ハーディング上院議員が、第1回目の投票、第2回目の投票、第3回目の投票でも大統領候補に指名されることはないと思う。しかし見込みはあると思う。党大会の金曜日の朝2時15分過ぎ、10人か20人の疲れきった男たちがテーブルの周りに座っている。誰かが『いったい誰を指名すればいいのか』と言ったまさにその時に、ハーディングの友人の一人がハーディングを推薦し、その結果が受け入れられるだろう」
 ドアティーはタバコについては言及していないのでそれは後の創作である。はたしてハーディングの大統領候補指名はそういう感じで決定した。しかし、ハーディングは後で大統領になってしまったことについて泣き言を言っている。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究