陸軍長官ジェイムズ・マクヘンリー


 ジェームズ・マクヘンリー(1753.11.16-1816.5.3)は、アイルランドのアントリム州バリメナの商家に生まれた。1771年にアメリカに移住し、デラウェア植民地にあるニューアーク・アカデミーに入学した。卒業後、マクヘンリーはフィラデルフィアで医術を修めた。
 独立戦争が勃発するとマクヘンリーは外科助手としてアメリカ軍に志願し、軍病院で働いた。1776年8月、大陸会議によって軍医に任命されたが、11月、イギリス軍がワシントン砦を落とした時に捕虜になった。幸いにも数ヵ月間後に捕虜交換で解放された。その後、ワシントンの幕僚に加わり、ワシントンやハミルトン達と親しく交わった。またラファイエット侯爵の副官も務め、軍需物資調達に貢献した。
 退役後、マクヘンリーはメリーランド邦上院議員に選ばれた。またボルティモア郡の治安判事も務めた。さらに1783年、連合会議のメリーランド邦代表に選ばれた。その後、合衆国憲法制定会議に参加した。そして、メリーランド邦の商工業にとって合衆国憲法が有益であることを強調し、憲法批准を推進した。
 ピカリングの異動にともなってワシントンは後任を探したが3人に断られ、ようやくマクヘンリーに白羽の矢を立てた。マクヘンリーは政権交代後も留任した。

ワシントン政権閣僚歴代アメリカ合衆国大統領研究