陸軍長官ティモシー・ピカリング


 ノックスの後任には郵政長官ピカリングが選ばれた。ティモシー・ピカリングの経歴については、郵政長官ティモシー・ピカリングを参照せよ。
 ピカリングはジェイ条約を積極的に推進した。ジェイ条約により北西部領地からイギリス軍が撤退すれば、その支援を失ったネイティヴ・アメリカンは容易に和平交渉に応じるだろうとピカリングは考えたからである。ピカリングはウォルコットとともにフォーシェイの公文書をワシントンに送った。その結果、ランドルフ国務長官が辞任すると、ワシントンはピカリングを国務長官に任命した。

ワシントン政権閣僚歴代アメリカ合衆国大統領研究