副大統領ジョージ・クリントン


ジョージ・クリントンの経歴については、ジェファソンの項、副大統領/閣僚/最高裁長官、副大統領ジョージ・クリントンを参照せよ。
 ジェファソンの退任後、クリントンは民主共和党の不満分子と連邦党を糾合して今度は大統領の座を狙ったが失敗した。その代わりにマディソン政権下で再度、副大統領を務めた。マディソン政権下で副大統領としてクリントンはほとんど重要な役割を果たすことはなかった。しかし、1811年2月に第1合衆国銀行の特許更新をめぐって上院で票数が均衡した時に、クリントンは議長として反対票を投じた。その結果、第1合衆国銀行は廃止に追い込まれた。クリントンは在職中、ワシントンで亡くなった。

ジェームズ・マディソン大統領歴代アメリカ合衆国大統領研究