歴代アメリカ大統領の中で辞任した人は?


歴代アメリカ大統領の中で辞任した人は?

 歴代アメリカ大統領の中で辞任した大統領の例は、第37代アメリカ大統領リチャード・ニクソンのみです。ウォーター・ゲート事件が発端となって1974年8月9日に辞任しました。大統領が辞任した後は副大統領が職務を引き継ぎます。
 ちなみにアメリカ大統領は議会の弾劾により罷免される可能性がありますが、過去に弾劾が成立し罷免された事例はありません。弾劾による罷免の可能性があったのは、アンドリュー・ジョンソン、リチャード・ニクソン、ビル・クリントンの三人です。

アメリカ大統領の初歩的Q&A歴代アメリカ合衆国大統領研究