高貴な奴隷


 大統領になってみたらどんな気持ちがするのだろう?大統領になれて嬉しいものなのか?実はあまり嬉しくないものなのか?それは当の大統領に聞いてみないと分からない。幸い歴代大統領は、自分の職務についていといろと語っている。
 「大統領は高貴な奴隷であり、高貴な奴隷であると考えることによって自らを慰めなければならない」と自虐的に言ったのはウッドロウ・ウィルソンである。ただウィルソンは二期目の最後のほうは病魔の奴隷になってしまった。ビル・クリントンも「ホワイトハウスは、アメリカで最も素敵な公邸か、それとも最も贅沢な囚人生活を送れる場所か、どちらか分からないよ」と言っている。奴隷も囚人もあまり変わらない。
 第7代大統領アンドリュー・ジャクソンは2期8年大統領を勤めあげたが、「私は男どもを荒っぽいやり方で指揮することならできるが、大統領には適していない」と自分で自分を評している。軍人として名を成したジャクソンらしい言葉だ。
 同じく軍人から大統領になったウリセス・S・グラントは「幸か不幸か、政治的な経験なしで行政府の長と呼ばれるようになった」と言っている。グラント自身が政治的な経験がなかったせいか、グラント政権は多くのスキャンダルに見舞われた。
 第2代大統領を務めたジョン・アダムズは同じく大統領になった息子ジョン・クインシー・アダムズに「大統領職を務めた者は、友人が大統領になったからといって祝うことはない」と訓戒した。
 南北分裂の危機に手をこまねいていた第15代大統領ジェームズ・ブキャナンなどは、後継者であるリンカーンに「もしホワイトハウスに入ろうとしている君が大統領職を去ろうとしているくらい私と同じくらい幸せだとしたら、本当に君は幸せ者だよ」と言い残していった。これから南北戦争を終結させることになるリンカーンに比べれば、もはや煩わされることがなくなるのだからブキャナンははるかに幸せだったと思う。少々無責任かもしれない。
 また第29代大統領ウォレン・G・ハーディングは、「全くとんでもない仕事だ。私は敵と何も厄介を引き起こしていない。悪友どもこそ、私を毎夜歩き回らせるようにさせた敵だ」と愚痴をこぼすことがよくあった。
 第27代大統領ウィリアム・H・タフチなどは、実は大統領よりも最高裁判所長官になりたがっていた。妻へレンのほうが夫を大統領にするのに積極的で、また友人セオドア・ローズヴェルトの後を継ぐということで大統領になる決心をしたのであった。後年、「私が大統領だったとは思い出せないよ」とタフトは語っているが、在任中もホワイトハウスで「大統領閣下」と呼びかけられると、思わず前任者のセオドア・ローズヴェルトの姿を探したという。自分が大統領であるという自覚があまりなかったのかもしれない。

歴代アメリカ合衆国大統領のトリビア歴代アメリカ合衆国大統領研究